日本專業洗劑ACA
在台唯一代理

日本ADEKAクリーンエイド株式会社洗浄剤台湾で唯一代理店

食安級品質標竿
食品グレード品質基準

客製化  效率化  經濟化

カスタマイズ 効率化 経済的

以職人之道、還淨於人

職人の技で、キレイに戻す


Exclusive Right of ACA’s Detergent Products

High Quality and Extremely Safe

Customized Efficient Reasonable

Cleanliness is the Ultimate PolicyDetergents

香林環保開發

外食廚房用清潔劑相關Q&A

厨房で使用される洗浄剤の疑問について
食品工場相關
洗浄・除菌、洗剤・除菌剤について

-外食廚房用清潔劑相關Q&A-
-厨房で使用される洗浄剤の疑問について-

關於中性清潔劑
中性洗剤について

Q1-用於洗碗的“中性清潔劑”的主要成分?

A-表面活性劑為中性洗劑的主要成分。表面活性劑是透過液體和液體之間或液體和 固體之間的邊界而改變性質的物質。例如,將水和油分離而不混合,但如果添加合適的表面活性劑,則水和油之間的邊界即“界面”消失,水和油混合(乳化)。並透過改善泡沫(起泡作用)使其可滲透(滲透/潤濕作用)去除污垢。由於這種現象,讓表面活性劑被用作為中性洗劑的主要成分。

Q1-食器洗いに使う「中性洗剤」の主成分は何ですか?

A-中性洗剤の主成分は界面活性剤が用いられています。界面活性剤とは、液体と液  体、あるいは液体と固体などの境目に作用して性質を変える物質です。例えば、水と油は混ざり合わずに分離しますが、これに適した界面活性剤を加えると水と油の境目である「界面」がなくなり、水と油が混ざり合います(乳化作用)。そして、泡立ちを良くする(起泡作用)、しみ込みやすくする(浸透・湿潤作用)などの働きにより汚れを落とします。このような現象により、界面活性剤は中性洗剤の主成分として用いられます。

Q2-我應該用中性洗劑洗手嗎?

A-不適合,因為它們會去除手部油脂並導致手部粗糙,請使用潔手液。

Q2-中性洗剤で汚れた手を洗ったらダメでしょうか?

A-中性洗剤は手の脂を取りすぎてしまい手荒れの原因となるため適していません、手洗い石けんや手指用の洗浄剤を使いましょう。

Q3-請問天然成分和植物成分的依據為何?

A-儘管無嚴格的定義,但通常是指使用由植物油(椰子油,棕櫚油)製成的表面活性劑的清潔劑。

Q3-天然由来や植物系の根拠は何ですか?

A-厳密な定義はありませんが、一般には植物油(ヤシ油、パーム油)を原料とする界面活性剤を使用している洗剤を指します。

Q4-用中性洗劑沖洗程度為何?

A-以《食品衛生法》的使用標準規定,自來水對於蔬菜和水果至少應為30秒,對於食物和飲料至少應為5秒,必須至少沖洗兩次。

Q4-中性洗剤のすすぎの程度を教えてください。

A-食品衛生法の使用基準では、流水の場合、野菜・果物で30秒以上、飲食器で5秒以上とし、溜め水の場合、水をかえて2回以上すすがなければならないと定めています。

-食品工場相關-

-食品工場関連-

關於清潔・除菌、清潔劑・除菌劑

洗浄・除菌、洗剤・除菌剤について

Q1-請問食品工廠清潔和消毒的目的為何?

A-清潔的主要目的如下:
(1)防止上一產品的殘留物和味道轉移到下一產品
(2)保持生產環境的衛生狀態
(3 )維持生產設備和機器的效率
一旦製造設備・機器殘留髒污的和(食品,飲料成分蛋白質,脂肪,醣類等)就會成為微生物的養分,在此條件下就會增生微生物。微生物的生長會導致異味,腐爛的氣味,引起食物中毒和其他原因。清潔和消毒是不可或缺的動作,可防止因微生物引起的食物中毒並提供不會對人體健康產生不利影響的食物。

Q1-食品工場における洗浄、除菌の目的は何ですか?

A-洗浄の目的は、主に以下の3点です。
①次製品に対して前製品の残留物や香りの移行を防ぐ
②製造環境の衛生状態の維持
③製造設備・機器の効率維持
製造設備・機器に汚れ(食品・飲料成分タンパク質、油脂、糖等)が残ると、微生物のエサになり、条件が整うと微生物は増殖します。
微生物の増殖は、異臭、腐敗臭、食中毒等の原因につながります。
洗浄や除菌は、微生物による食中毒を予防し、人の健康に悪影響を与えない食品を提供するために必要不可欠な要素です。

Q2-請問使用清潔劑時應注意事項?

A-(1)作業時請使用防護鏡和塑膠手套。
 (2)注意不要混用酸性洗劑和氯性洗劑(會產生有毒氣體)。
 (3)使用氯化洗滌劑時,請注意通風。
 (4)將鹼和酸一點一點地稀釋到清水(或熱水)中。
 (5)請勿直接混合以及中和鹼和酸。
 (6)請事前先確認SDS。

Q2-洗剤を使用するときに注意しなければいけないことは何ですか?

A-①取り扱いにおいては、保護めがねやゴム手袋を使用してください。
 ②酸洗浄剤と塩素系洗浄剤は混合厳禁(有毒ガス発生)等注意が必要です。
 ③塩素系洗浄剤は換気に注意してください。
 ④アルカリ、酸の希釈は水(湯)に少しずつ入れてください。
 ⑤アルカリ、酸を直接混合、中和しないでください。
 ⑥事前にSDSをご確認ください。

Q3-請問排放清潔劑時應該注意事項?

A-鹼性清潔劑和酸性清潔劑需要中和不可直接丟棄。此外,在分解可用的氯之後,必須處理含有氯化劑的產品。詳細請確認SDS

Q3-洗剤を排水するときに注意しなければいけないことは何ですか?

A-アルカリ洗浄剤や酸洗浄剤はそのまま廃棄することはできず、中和処理が必要です。また、塩素剤を含有する製品は有効塩素を分解してから廃棄する必要があります。詳細についてはSDSをご確認ください。